羽生結弦選手が平昌オリンピックで金メダルに!なぜ映画陰陽師の曲「SEIMEI」を使ったのか?

雑記

羽生結弦選手が平昌オリンピックで金メダルに!なぜ映画陰陽師の曲「SEIMEI」を使ったのか?

1.羽生結弦選手が平昌オリンピックで金メダル!

最近の日本での明るい話題と言えば、羽生結弦(はにゅうゆづる)選手平昌オリンピックでの金メダルでしょう。彼は宮城県出身の男子シングルのフィギュアスケート選手です。
幼少の頃からスケートに勤しんできて、前回のソチオリンピックから金メダル2連覇をしたのですから大したものです。現在は全日本空輸 (ANA)に所属しており、帰国後にそこで盛大に祝われたそうです。

2.羽生結弦選手「日本と欧米の文化の架け橋になりたい」

日本外国特派員協会での取材では、なぜ「SEIMEI」という映画陰陽師の曲を使ったのかという質問がありました。羽生選手はそれに対して、「日本の音楽を基調とした曲で金メダルをとることは歴史的であり、そういう自分の国の曲や独特な文化の曲などが増えて行って欲しい」と答えられていました。

これは、欧米文化とその他の文化の橋渡しになろうとしたということでしょう。日本的な感性を持ち、世界のことを考えつつ結果を出すなんて、日本代表のオリンピック選手として素晴らしいと思いました。

3.石田スイの「東京喰種トーキョーグール」との関わり

して演技の前にはお米のご飯を食べるとのことでお米が好きな私としては親近感が湧くのですが、なんと石田スイによる漫画「東京喰種 トーキョーグール」のファンだそうで、主人公カネキのポーズを真似ていたそうです。それに石田スイが反応し、羽生選手のイラストをカラーで描いて応えました。こんな著名人同士の応答があったなんて、知らず見逃したことを惜しく感じます。
「トーキョーグール:re」の新刊は今月19日に発売するので、そこで羽生選手への言及がないか期待したいと思いました。

4.コーチのブライアン・オーサーは金メダル製造機

コーチのブライアン・オーサーはカナダ出身の元フィギュアスケートの選手で銀メダリストです。コーチとしても実績のある方で、2010年のバンクーバーオリンピックではキム・ヨナを金メダルに導きました。

2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックでは羽生結弦選手を金メダルに導いたのだからオーサーは金メダル製造機と読んでも良いのではないでしょうか?
実は平昌オリンピックには羽生選手を含めて5人も彼の教え子がおり、一緒にいる人に合わせてジャンパーを着替えるというユニークな面があり、次の冬季オリンピックでは羽生選手だけでなくオーサーの活動にも注目です。

AERA(アエラ)増刊 「羽生結弦 ~連覇の原動力~」 (AERA増刊)

AERA(アエラ)増刊 「羽生結弦 ~連覇の原動力~」 (AERA増刊)

ポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

【予備校比較】駿台、河合塾、代ゼミ、東進どれがいい?医学部に強い塾 体験談と口コミも
医学部偏差値ランキング2019公開!大学受験
【大学紹介】琉球大学を紹介するよ!沖縄での大学生活は最高!
【限定情報】医学部の序列について 旧帝、旧六、新八、新設などの違いを解説!大学受験の参考に
【大学紹介】立命館大学の紹介をするよ!関関同立の名門大学!

コメント