【アルバイト】大学生におすすめなのは家庭教師!高時給でラクなバイト!口コミと体験談も

お金

大学生になると、空いた時間はあるのですが、飲み会やコンパなどでたくさんお金を使います。コンビニや居酒屋でアルバイトをするのも良いですが、できれば短時間で効率的にお金を稼ぎたいですよね?

そこでおすすめなのが、家庭教師のアルバイトです。

1.家庭教師の良いところ

高時給

何と言っても、高時給であることです。家庭教師の平均時給は2000円で、個別指導塾の講師の平均時給1300円と比べてもはるかに高いです。他のアルバイトだと、最低賃金の900円あたりになるので、家庭教師はとても効率的にお金を稼ぐことができます。しかも、経験を積んでいけば、時給の交渉もしやすくなり、さらなる時給アップも期待できます。塾などのアルバイトでは、時給アップは会社の都合で決まるので、基本的に時給は上がらないということを覚えておいてください。

スケジュール調整がしやすい

先生と生徒で直接、次の授業の相談をするので、スケジュールを柔軟に決めることができます。たとえば、試験や部活の大会などが入ってしまっても、前もって生徒と相談しておけば、問題なく授業を振り替えることができます。また、これは生徒にとっても同じで、生徒の部活の大会や、体調不良があっても、その日の授業を振り替えることが簡単にできます。

2.家庭教師のあまり良くないところ

あまり長時間は働けない

時給は約2000円とかなり高額ですが、生徒さんの時間もあるので、あまり長時間は働けません。指導時間は2時間が普通なようです。テスト前だともう少し長くなるのかもしれませんが、「長時間がっつり働きたい」という人は、個別指導塾の講師が向いているでしょう。

信頼関係が大事

これは家庭教師に限った話ではないのですが、仕事において最も大事なものは「信頼関係」です。生徒は先生が教えに来ると思って、家で待っているわけですから、先生が決められた時間に来ないというのは、絶対にやってはいけないことです。

家庭教師の仕事では、先生と生徒の一対一の信頼関係を大事にしましょう。いくら上手な教え方でも、生徒の心に響かなければ意味がないのです。突き詰めていくと奥深い仕事ですが、自分を向上させることにもつながるので頑張りましょう。

3.個別指導塾の講師とはどう違うの?

家庭教師をしようと考えている人は、個別指導塾の講師とどちらにしようか迷うこともあると思います。個別指導塾は、基本的にその教室から振り分けられた生徒を担当するので、家庭教師と比べて生徒に対する責任があまりありません。また、生徒と先生の相性が悪いと、担当を変えられることもあります。

個別指導塾の時給は約1300円と、家庭教師に比べて安くなっていますが、その代わり長時間働けることが多いのも、メリットのうちに入るかもしれません。

また、小学生から高校生までの幅広い年齢の生徒を受け持つので、自分の指導力を高めることができます。

「塾講師をやってみたい!」という方は、このサイトから登録できます。

日本一の塾講師専用求人サイト【塾講師JAPAN】

4.家庭教師のアルバイト体験談

家庭教師のアルバイト体験談 その1 ~勉強の仕方を伝えること~

私が初めて家庭教師のアルバイトをしたのは、大学の4年生の時でした。卒業される先輩が、自分の代わりに英語の家庭教師をしてくれる人を探しているというので、私が代わりに仕事を引き受けることにしました。当時、私は英文科で英語を学んでいたので、いい経験になると思いました。

やってみて本当に良かったと思いました。始めは、生徒が私の授業をすっぽかして、遊びに行ったりしていたのですが、少しずつ内容が理解出来るようになると、とても頑張って勉強するようになりました。成績が上がると、本人はとても喜び、親御さんもとても喜んでくれました。テストの時は、時間をオーバーしても、頑張っていると、お母さんが夕ご飯を作って下さったり、お茶を持って来て下さったり、とても親切にして頂きました。もう、30年も前の事ですが、いつまでも心に残っています。

あまり良くないところは、過剰に口出しをしてくる親御さんへの対応です。生徒とコツコツと勉強をしているのに、成績が上がらないとか、あれをやってほしいとか、教え方がどうだとか、時々うるさい人がいます。私のやり方を信じられないのだったら、自分でやればいいのにと思ったことがありました。

色々ありましたが、私は家庭教師をやって本当に良かったと思っています。だから、今も個別指導塾で英語を教えています。出来ないと思いこんでいる気持ちを溶かしてあげて、勉強の仕方を教えてあげて、時間はかかるけれど、わかるようになるんだという過程を教えてあげれば、どんなことにも向き合って行けると思います。大切なのはテストでいい点をとることではなくて、勉強の仕方を伝えることだと思います。勉強とは、例えば人間関係、仕事、趣味など、学ぶためのすべてのことです。

子どもが好きで勉強が好きな人、また、勉強は嫌いだったけれど、好きになった経験を持っている人は家庭教師に向いています。わからないと悩んでいる生徒さんは沢山いるので、少しでもそのような生徒さんの力になってあげてほしいと思います。

家庭教師の体験談 その2 国語の家庭教師 ~言葉の力を伝えたくて~

大学では国文科を専攻していたため、知人に頼まれて国語が苦手な中学生に家庭教師をすることになりました。正直アルバイト料は相場よりも安い金額でしたが、夕飯を必ずご馳走になっていたことと、当時、国語の教師になることも視野に入れていたため、自分の勉強のためにも仕事をさせてもらっていました。

男の子で、理数系は得意な生徒なのですが読解力が弱く、そのことが他の教科にも影響を及ぼしている部分がありました。お母様の本音としては、「人間関係にも読解力の弱さが反映されているのではないか。もっと人の気持ちを理解できる子に育ってほしい。」という願い込められての依頼だったのです。私は、テストで役に立つ長文問題の解き方などをアドバイスしつつ、「行間を読む」大切さについて分かってもらおうと奮闘しました。最初は、作者がどのような気分でこの文章を書いたかなんて、なんの意味があるの?という反応だったのですが、回を重ねるうちに私との会話で語尾までしっかり言い切るような会話の仕方を身につけてくれるようになりました。ボキャブラリー合戦というのも行って、例えば「楽しい」という表現を別な言葉に代えて言い合うゲームなどを勉強の合間に楽しみました。

彼の努力の甲斐あって、国語の成績が上がったのと同時に、他の教科の問題解釈ミスも減るようになりました。そして学校での人間関係も以前よりイキイキしてきたように感じました。友達にかける言葉の選択1つで、その後の人間関係が大きく変わっていくことを実感していったのだと思います。その助けに少しでもなれたのかと思ったらとても嬉しかったです。

いいことばかりではありません。国語に対する評価は、相変わらず低いものだという雰囲気は感じていたからです。世の中に役に立たない学業という皮肉が、大学内でもありました。実際、家庭教師を始めてから生徒のモチベーションを上げるまでの反発した空気はやるせないものでした。

私が受け持ったのはその男の子だけです。彼の素直さと、親御さんのご協力に恵まれて、いい結果で終われたことが幸せだったと思います。相性もあるのだと思います。あとは、なんのために教えるのか?というビジョンをどれだけしっかり持てるかだと思います。偏差値を上げるため、志望校に受かるためでもいいでしょう。私の目標は、言霊の素晴らしさを彼に分かってもらって、明るい人生を送ってほしいということでした。

教えるということに喜びを感じることができる人には、やりがいのあるアルバイトだと思います。

5.おすすめの家庭教師登録サイト

日本医学生家庭教師会

あまり普段は目にすることが無いかもしれませんが、医学生の中では割と有名な会社です。指導経験が3年以上の医学生の家庭教師を紹介してくれます。

医学生ということもあり効率的な勉強のやり方を一から教えてくれます。

その他の家庭教師会社では高額になってしまう医学生を、中間マージン無しで安い授業料で紹介できます。

保護者と先生のお互いにとってメリットのある会社です。

Home | 日本医学生家庭教師会

6.その他の家庭教師体験談

家庭教師のアルバイト体験談 その3 ~成績を上げるという責任~

私が家庭教師を始めたのは大学生の時でした。好きな服やお化粧品に使えるお金が欲しかったのでアルバイトをしようと思ったのがきっかけです。大学卒業後に教師になりたかった私は、子供に勉強を教えるものにしようと決めて学習塾と家庭教師の求人票を見比べたうえで家庭教師に決めました。

家庭教師のいいところは、相手の家庭と相談して日程を変更しやすいことでした。大学の行事や実家への帰省、サークルの集まりや教育実習など日程通りにできない日が発生しても、きちんと相談さえすれば別の日にすることがしやすかったです。アルバイトを休むのではなく別の日できることで、お給料が減ることもなくすみました。その利点は生徒の方も同じで、生徒の学校行事や部活の大会などのために日程の変更をしたいと言われれば私も受け入れて別の日に訪問しました。学習塾ではここまで融通をきかせた変更は難しいのではないでしょうか。

家庭教師をしていてしんどいなと思ったことは、勉強の環境をととのえることの難しさでした。学習する隣の部屋でお父さんがテレビを大音量で見ていたり、兄弟とその友達がゲームで盛り上がって騒いでいたり、生徒が部活で疲れてベッドで眠ってしまっていたり…。生徒の自宅がアルバイト先ということの弊害でした。家庭教師の時間にご家族がどう過ごすかといったルール作りを私がしてしまうのは、余計な口出しになってしまいます。ご家族に「勉強のじゃまだ!」とはなかなか言えないですし、これらは大変悩みどころでした。

家庭教師の経験を通して思ったことは、成績を上げなければならないというプレッシャーが想像以上に重かったということです。家庭教師の時間に勉強するだけで劇的に成績が伸びることはそうありません。でも保護者からは「家庭教師をつけたからには成績大幅アップ」という期待がひしひしと伝わってきます。ですから、指導する教科をまずはひとつかふたつにしぼり、次の定期試験の範囲を徹底的にやらせて大きく点数や順位を伸ばしてみせ、「ほら、私が来たからこんなにあがった教科があります」と示して信頼を得ることが何より優先でした。信頼を得ればそのあとはとても楽しいアルバイトです。時給も高いですし、ご飯をごちそうになったり手土産をいただいたりと美味しい経験もしました。ですから私は、家庭教師はおすすめのアルバイトだと思っています。

おすすめ情報!

「塾講師をやってみたい!」という方は、このサイトから登録できます。

日本一の塾講師専用求人サイト【塾講師JAPAN】

家庭教師のアルバイト体験談 その4 ~家庭教師は楽で稼げるバイト~

私が、家庭教師のアルバイトをしていたのは大学生の頃でした。何故その頃に家庭教師のアルバイトを始めようと思ったのかというと、大学生になってからはもちろん高校生とは違い、バイト禁止ではなくなったので色々とアルバイトしていたのですが、意外と遊びにもお金がかかると分かりました。
短時間でも時給の高いアルバイトがないかなと思っていたら、周りの友達が塾の講師や家庭教師をやってるという子がかなり多いのを知ったのです。

そのアルバイトの良いところは、ズバリ短時間でも時給が良いので他のアルバイトよりも稼げるという点でした。しかも、高額アルバイトというと怪しげですが自分の親にバレても全く問題のない健全なアルバイトだし、紹介された子供の家庭にもよりけりですが基本的に親からは優しくされるしほぼ毎回お茶とお菓子を出してもらえます。
だから時間内でも休憩も出来ますし、実際には生徒に問題集をやらせてるだけで待ってる時間もあるので楽なんです。
もちろん、それなりに真剣に教えないと成績が上がらないので本気では教えますが、一人の子に向き合って真面目にやれば他のことを気にしないで出来るし私にとってはかなり楽でした。
私は国立大学の理学部の現役の学生で、家庭教師するにはそれは十分なブランドだったので家庭教師のアルバイト先はいくらでもありました。

良くなかった点はたまに本当にやる気のない生徒に当たってしまうと教えても全く意味がなく聞いてないので疲れてしまう点でした。
家庭教師を雇うのはやはり親なので、やる気がない生徒にいかにやる気を出させるかも家庭教師の腕なのかもしれないですが、それは私にはスキルがなくほとほと困り果ててしまったことがありました。

実際に家庭教師をやってみると、やはり生徒との相性が1番かなと思いました。
相性さえ良ければ、こちらも家庭教師のアルバイトを本気で頑張ろうと思えるし生徒も努力するから成績が上がりやすいです。
1番良かったのは、兄弟まとめての家庭教師でした。一気に二人分出来たし懐いてくれていたので教えやすかったです。やはり相性が良いと効果も上がります。

楽して稼ぎたいから家庭教師のアルバイトをしたいと思うならやめた方が良いです。
生徒によっては全く上手くいかなくて成績が上がらなくて親からも嫌味を言われる事があるのを覚悟してほしいです。本気で生徒の事を考えてしっかりやっていてくれてると分かればあまり言われませんけど、なかなか難しいところもあるのです。
でも、現役の国立大学生にはやはり生徒がすぐ付くのでやる気があればおススメです。

おすすめ情報!

「家庭教師をやってみたい!」という方は、このサイトから登録できます。

日本医学生家庭教師会

あまり普段は目にすることが無いかもしれませんが、医学生の中では割と有名な会社です。指導経験が3年以上の医学生の家庭教師を紹介してくれます。

医学生ということもあり効率的な勉強のやり方を一から教えてくれます。

その他の家庭教師会社では高額になってしまう医学生を、中間マージン無しで安い授業料で紹介できます。

保護者と先生のお互いにとってメリットのある会社です。

Home | 日本医学生家庭教師会

ポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

コメント

  1. kokkasiken より:

    はじめまして。薬学生のRasと申します。
    人に教えることが回り回って自分のためになるということがあると感じますし、私は自分がよくして頂いた経験のほうが多いですが、自分との信頼関係があるほうが、学生側にはありがたいと思います。ブログをやっていますので、また来られてください。では。

  2. igakublogkun より:

    Rasさんへ
    コメントありがとうございます!
    同じ医療系学生としてよろしくお願いします!!