コインチェックのNEM流出騒動まとめ Coincheckは倒産の危機を脱した

仮想通貨取引所である「コインチェック」から仮想通貨NEMが流出した件についてまとめてみました。

1.コインチェックから仮想通貨NEMが流出

2018年1月に発生した、仮想通貨取引所コインチェックからの約580億円相当もの仮想通貨NEMが流出した事件についてですが、未だに解決はしておりません。

NEM流出が発覚した直後から、コインチェック内での日本円の出入金、仮想通貨の取引等、全ての取引を中止していました。NEMを保有していた被害者がNEMを失ったことはもちろんのこと、他の仮想通貨を持っていた人、コインチェックに日本円を預けていた人まで、引き出すことができなくなりパニックとなっていました。

2.コインチェックは被害者には補填をすると発表

一時は約580億円もの損失なので、「コインチェックは潰れてしまうのではないか」という憶測もありましたが、現在はなんとか持ちこたえており、NEMを失った被害者にはしっかりと補填をすると発表もありました。そして、ある程度セキュリティの確保ができたとのことで日本円の出金も開始されました。

ですが、まだ安心はできません。コインチェックがしっかりと被害者に補填をして、さらに全ての取引のセキュリティを確保しない限りは通常営業まで戻れません。

f:id:igakublogkun:20180301155832j:plain

3.仮想通貨NEMを奪った犯人の動向

そして、仮想通貨NEMをハッキングで強奪した犯人はというと、色々と怪しい動きをしています。

仮想通貨NEMはその仕組み上、全ての仮想通貨の流れが誰もが閲覧することのできるオープンシステムの上で動作しています。ですので、犯人が奪った仮想通貨NEMをどのように動かすかも監視することができます。初めは、少額のNEMを色々な人に送りつけており、撹乱をはかったのか、世界の反応をみたのかはわかりませんが、不思議な動きをしていました。そして、最近ではとうとう別の仮想通貨に両替して姿をくらませようとしています。

というのも、普通のインターネット上からはアクセスのできない秘匿されたネットワークであるダークウェブ上にある仮想通貨取引所において、仮想通貨の両替を始めたとのことです。ダークウェブ上の取引は簡単には追うことはできないので、このまま犯人に逃げ切られてしまうかもしれません。

今後も、コインチェックの騒動からは目が離せません。コインチェックが通常営業まで戻ることができるのか、NEMを奪った犯人を捕まえることはできるのか。まだまだこの事件は続きそうですね。

 

 

www.igakublog.com

 

www.igakublog.com

 

ポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

 

コメント