【医学部選び】コスパの良い医学部、悪い医学部

医学部受験

医学部選びは受験生にとってモチベーションの元になるものです。しっかりと吟味した上で自分の志望校を決めましょう。しかし、偏差値と実力のバランスを考えて判断したほうが良いかもしれません。

コスパの良い医学部とコスパの悪い医学部

世の中にはコスパの良い医学部コスパの悪い医学部があります。初めての人には意味が分からないと思うので、それぞれの意味を説明します。

コスパの良い医学部

実力の割にそこまで受験生からの人気がなく、偏差値が低めに出ている大学。

例えば、H大学(旧帝)、K大学(旧帝)などの地方にある歴史の古い大学。

コスパの悪い医学部

受験生からの人気があり、偏差値が高騰している大学。

東京医科歯科大学などの都会にある大学。首都圏の国立医学部はすべて当てはまる。

なぜ人気に差があるのか?

受験生はみな都会にある医学部に行きたがります。理由は他の普通の受験生と同じで、都会で華やかな学生生活を送りたいからです。だから東京でなくても、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、名古屋、福岡などの都会の医学部は人気になる傾向にあります。「医学部ならどこでも良い」という風に考えて、地方の偏差値の低い大学を選ぶというのもありです。しかし、地方の旧帝大は人気の割にかなり実力があるので、研究医になりたいという人は受験することをおすすめします。

コスパの良し悪しどちらがいいのか?

コスパが良い医学部は、つまり穴場です。少し頑張るだけで大きなメリットを得られます。医者の世界では出身校は一生ついて回るので、歴史の古い大学というのはそれだけ他の医者から一目置かれます。

コスパの悪い医学部は、一見聞こえは悪いですが、それだけ世間から評価されているということです。東京医科歯科大学は旧帝大ほどの歴史はないものの、近年の伸びはすさまじく、研究力では日本で第4位です。

結局、どちらがいいのかと言うのは、受験生本人の希望しだいです。歴史を取るか、都会を取るか、またそのバランスを取るのか・・・考えてみてください。

医学部選びに必要な情報がのった本を紹介します!

医学部受験の総合的研究[三訂版]

医学部受験の総合的研究[三訂版]

激化する医学部受験を勝ち抜くために 合格する力の鍛え方

激化する医学部受験を勝ち抜くために 合格する力の鍛え方

ポチッとお願いします!励みになります!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

コメント